東京/神奈川/横浜 更年期女性外来・内分泌代謝外来・ホルモン補充療法なら田中クリニック横浜公園へ
田中クリニック 横浜 更年期障害 神奈川 田中クリニック 横浜 更年期障害 神奈川
トップページへ 診療案内 医師のご紹介 院内のご案内 田中冨久子のホルモン学講座 診療のご予約・アクセス
- 田中冨久子のホルモン学講座 -
ホルモン学講座トップ
第1回: エストロジェンと睡眠の
深い関係
第2回: 閉経はヒトの進化を示す
ものだというが
第3回: エストロジェンは最も古代
型の性ステロイドホルモン
第4回: エストロジェンは女性の
からだと心にこんな作用をおよぼす
第5回: 女性の更年期症状は
交感神経活動亢進と副交
感神経活動低下の現れ
第6回: 女性の脳はエストロジェン
によって活性化される
- エストロジェンによる
アセチルコリンの分泌
第7回: アルツハイマー型認知症
とエストロジェンの関係
(1)原因物質アミロイド
ベータ蛋白の脳内増加は
40代後半から始まる
第8回: アルツハイマー型認知症
とエストロジェンの関係
(2)アミロイドベータ蛋白
の脳内増加はエストロ
ジェンの減少と関係
第9回: アルツハイマー型認知症
とエストロジェンの関係
(3)17ベータ-エストラジ
オールの補充が認知症
発症を効果的に抑える
第10回: ホルモン補充療法の意義(2013年ホームページのご挨拶から)
- 診 療 時 間 -
木曜日: 9:00 ~ 12:30
14:30 ~ 18:00
男性外来 18:00 ~ 19:00
金曜日: 9:00 ~ 12:30
14:30 ~ 18:00
土曜日: 9:00 ~ 12:30
田中クリニック 横浜 更年期障害 神奈川
 田中クリニック横浜公園
 神奈川県横浜市中区住吉町1-12-5
 横浜エクセレントXVI 2F
 ★1Fは花屋
 TEL:045-680-6262
 FAX:045-680-6263
 
HOME > 田中冨久子のホルモン学講座 > 第7回 アルツハイマー型認知症とエストロジェンの関係(1)
 田中冨久子のホルモン学講座
女性の脳はエストロジェンによって活性化される
 アルツハイマー型認知症は、老人斑と神経原線維変化という目で見てわかる2つの病変を脳にもつことが特徴であることを第6回ホルモン学講座でお話しました。今回の講座の主題は、その老人斑と神経原線維変化ということにします。そして、これによってアルツハイマー型認知症の原因に関して、もう一つの
「アミロイド仮説」をご紹介することになります。

アルツハイマー型認知症のアミロイド仮説
 老人斑は、アミロイドベータと呼ばれる蛋白質が神経細胞外に沈着したものでアルツハイマー型認知
症だけに見られるものです。先に老人斑がつくられ、その後十数年して神経原線維変化が神経細胞の
内側にできます。神経原線維変化は必ずしもアルツハイマー型認知症だけでなく、他の脳の病気でも
起こります。その結果、神経細胞が死んで減少するため、認知症の症状が起きます。

  アミロイドベータ蛋白は、40個あるいは42個(主に42個)のアミノ酸からなっています。
その前駆蛋白質であるAPPから図1
(※文献1)のような経路を経て、まずアミロイドベータのモノマー
(単量体-1本のポリペプチド鎖)がつくられます。この過程自体は正常な状態でも進行していて、
生理的分子として産生されたアミロイドベータ蛋白は大部分が細胞外に分泌され、脳脊髄液や血漿中
に検出されます。しかし、老化や遺伝的要因でアミロイドベータ蛋白の産生の増加や分解の低下が
起こってくると、凝集/蓄積してオリゴマー(多量体)が形成され、これが強い毒性を発揮するように
なることが分かってきました。それによって神経伝達障害や神経細胞死が引き起されることも明らかに
されてきました。これがアミロイド仮説の基盤です。




アミロイドベータ蛋白は50歳から脳内に蓄積される

 それでは、私たちの脳内で、いつ頃からアミロイドベータ蛋白の産生が増加したり、分解が低下したり
し始めるのでしょうか。井原らの研究グループが、図2(※文献2)のように、40代後半頃から急激に
増加することを見つけました。生前、認知症の徴候の見られなかった22-81歳の、癌で亡くなった方々
の大脳皮質(とくに前頭前皮質)のアミロイドベータの蓄積量を測定したところ、特にアミロイドベータ42
のレベルが40代後半から急峻に増加することが分かりました。この結果は、たとえ認知症の症状が
出ていなくても脳のなかに変化が起こっていることを強く示しています。そして、その恐ろしい変化は
数十年かけて密かに進行していくのです。



 もし、80歳で臨床的に認知症になるとすると、50歳頃から老人斑が出来はじめ、65歳頃から神経原線維変化が起こり始めていることを、井原と荒井が図3で示しています(※文献3)。 そして、大変重要な
ことは、このアミロイド仮説に基づいて、アミロイドベータの産生抑制、分解促進、凝集/蓄積の抑制
などを目的とした様々な治療法の開発が世界中で行なわれるようになったことです。その主要なもの
はワクチン療法ですが、この療法の開発に従事している研究者たちは、臨床上で認知症の症状が
見られない段階での治療が必要であることを強調しています。早い成功を祈るばかりです。


アルツハイマー型認知症から脳を守る生活

 ワクチンの研究者たちは、ワクチン療法という画期的な方法でアルツハイマー型認知症が根本的に
予防・治療できる日があと5-10年でやってくると言います。ですが、成功する前にも出来得るかぎりの
努力をしてアルツハイマー型認知症から脳を守りたいと考えるのは当然のことです。臨床症状が発現
する何十年もまえから病気が潜んでいるとがわかった今は、ますます当然のことです。それにはどの
ような方法があるのでしょうか。専門家(※文献3,4)の意見を纏めてみると以下のようです。
ピンクの番号のついたものは発症を抑えるが、ブルーの番号がついたものは逆に発症を増やすという
ものです。




 これらの諸点のなかで、田中冨久子のホルモン学講座として注目すべきは、女性であることは不利
であるが、エストロジェンがそれを補ってくれるかもしれない、という仮説を出してくれていることです。
これに ついて、次回の講座でお話ししたいと思います。
文献
*1. 松本 進英、田平 武、アルツハイマー病に対するワクチン療法研究の進展 日薬理誌 2009.134;59-63.
*2. Morishima-Kawashima M et al, Effect of apolipoprotein E allele e4 on the initial phase of amyloid
beta-protein accumulation in the human brain. American Journal of Pathology 2000.157;2093-2099
*3. 井原 康夫、荒井 啓行、アルツハイマー病にならない!、朝日選書、2007
*4. 田平 武、アルツハイマー/ワクチン 認知症 予防/治療の最前線、中央 法規、2007
田中クリニック 横浜 更年期障害 ホルモン補充療法
 
  田中クリニック 横浜 更年期 神奈川
 
トップページへ診療案内医師のご紹介院内のご案内田中冨久子のホルモン学講座診療のご予約・アクセスサイトマップ
 田中クリニック横浜公園  神奈川県横浜市中区住吉町1-12-5 横浜エクセレントXVI 2F  TEL:045-680-6262/FAX:045-680-6263
 © Tanaka Clinic Yokohamakoen all right reserved.